青空

専門家を頼る

遺産相続は専門家の手を借りましょう

 遺産相続の手続きは、弁護士などの専門家の手を借りて行うようにするのが得策です。現実的なことを考えると、過去に何度も遺産相続の経験があるという人はほとんどいません。専門的な知識を持っていない人が、自分だけで遺産相続の手続きを全部行おうとすると、大変な目にあってしまう可能性があります。また、かなり多くの時間を割かれることになりますから、仕事を持っている人の場合は苦労することになります。でも、弁護士に依頼すれば、煩わしい遺産相続の手続きを全て任せてしまうことができます。遺産相続を行う過程で相続人同士の話し合いが必要になることがよくありますが、法律の専門家である弁護士を介在させることによって、無用なトラブルの発生を回避できるというメリットもあります。

弁護士が提供している相続サービスについて

 今から十数年前に実施された司法試験制度の改革のために、弁護士資格を有する人の数が増加しました。しかし、日本は欧米のような訴訟社会ではないため、弁護士に訴訟代理を依頼するケースはそう多くありません。弁護士の供給数が増えたのに、需要の方はそう増えていないため、俗に言うところの弁護士余りが発生しています。従来のように訴訟代理業務ばかりを専門に行っていたのでは、法律事務所の経営が成り立っていきません。その結果、相続サポートサービスや離婚相談サービスなど、個人的な生活レベルの問題のサポートサービスを提供する弁護士が多くなってきています。遺産相続や離婚は、個人の人生を左右する、とても重要な問題です。でも、法律の専門家である弁護士のサポートを受ければ、最善の方法で問題を解決できる可能性が高くなります。