青空

事前に確認

一部の金持ちだけの税金ではなくなりました

 相続税は一部の金持ちだけが払うもの、という考え方はもう古いと言わざるを得ません。平成27年1月に相続税が増税され、相続税を払わなければならなくなる人が増加しました。そのため税理士に相続税のシミュレーションを依頼する人が増加しています。また金融機関や住宅展示場などで相続税セミナーが頻繁に開催されていて、どこも盛況です。  このように相続税に対する関心は非常に高まっています。払う納税額も、多くの場合100万円単位、1,000万単位と高額になります。不動産を多く持っている場合はその傾向が強くなりますので、いざ相続が発生して税金が出たとなると、せっかくの不動産を売却したり物納しないと払えない、という事態も起こります。  そうならない為に事前にシミュレーションをして相続税対策を取ることが、資産を守ることにつながるのです。    

死んでからは対策はできない

 税金は払いたくない、どうしても発生するなら少なく済ませたい、というのが人間でしょう。そのためのシミュレーションや対策に取り組む人は多いです。  対策は色々ありますが、ほとんどの場合共通しているのは「生きている間に」という事です。相続税は被相続人が亡くなったその時に決まってしまう、と言っても過言ではありません。そのため被相続人が亡くなってから対策を、では遅いのです。逆の言い方をしますと、生きている間なら出来る対策はたくさんあります。  いざ相続が発生して慌てないように遺言を書く、生命保険に入る、子供や孫に現金を渡すなど出来ることは多いです。税理士などの専門家の力を借りるのも良い方法です。  シミュレーションで対策の方向を決めることも出来ます。これが相続税対策の第一歩と言えるでしょう。